COMPANY

概要

代表あいさつ

ファイル 2016-02-19 2 09 55_edited.jpg


メジャーやインディーズという境界線がなくなりつつあり、レーベルや事務所の持つ機能や役割の変化に伴い、アーティスト自身が自分自身でクリエイティブな部分からプロモーションまで行う事が当たり前の時代となりました。これは逆を返せば、アーティスト自身の手に音楽が戻ってきたと言ってもいいと思います。録音機材やソフトの低価格化によってレコーディングが身近になり、そこで作られた作品がインターネットとSNSによって簡単に世界に向けて情報を発信出来るようになりました。

 

これはとても喜ばしい事である反面、どうしても“質”の部分の低下があるのも事実です。
とはいえこだわり過ぎればコストがかかってしまいます。そこで周りから一歩抜きに出たクオリティの音源やLIVEを発信したいアーティストを、高いコストパフォーマンスで支えていくプロフェッショナルのチームが今の音楽シーンに必要なのではないかと思い結成されたのがEat on_です。


Eat on_ 代表​

登坂翎建_edited.png

概要