PRODUCE WORK

プロデュースワーク

Eat on_はパーソナルプロデュースという目線であなたの音楽活動をプロデュース。
プロの現場で活躍する経験豊富なEat on_のクリエーター達がチームを組み、
あなたの音楽を一緒に産み出していきます。
近年アーティスト達はセルフプロデュースする場面が増えています。それは自分が表現したいモノをダイレクトに受け手に渡せる一方で客観性を失った独りよがりな作品に偏ってしまうという危険もはらんでいます。

Eat on_では、あなたの世界観を踏まえた上で、客観的アドバイスをしていき、一緒にコンセプトを考え、会場やサポートミュージシャン探し、さらには楽曲提供まで可能です。ひとりひとりにあった、パーソナルプロデューサーという発想であなたとあなたの音楽をプロデュースしていきます。

パーソナルプロデュース 3つのメリット

客観的な目でアーティスト本来の魅力を引き出す

自分では似合わないと思っていた洋服が、他人のアドバイスで試してみたら意外と似合った!それどころか、そっちの方がカッコよかった!なんて経験ありませんか?
自分だけで判断してしまうと、本当の自分の長所に気が付かないという非常にモッタイナイ状況になりがち。

アーティストの個性を尊重した上で、そのアーティストが一番魅力的に見える魅せ方を提案します。
それは唄い方であったり、楽曲の内容であったり、ステージパフォーマンスであったり、制作物のビジュアルやデザインであったり。
あなたの魅力が最大限発揮出来るトータルでアーティストをコーディネートします。

チームサポートによる一貫性の高いプロデュース

・詞曲提供
 ・トラック制作
 ・ヴォーカルを始めとした各種レッスン
 ・LIVE会場のブッキング
 ・サポートミュージシャンのブッキング
 ・LIVEコンセプト提案
 ・レコーディング、ミックス、ジャケットデザインやフライヤー等のデザイン制作まで

全てをEat on_で行える為、内容がブレる事なく、アーティストの想いと気持ちに沿ったプロデュースワークが可能となりました。

高いコストパフォーマンス

弊社ではチームにより自社内で様々な作業を完結出来るため、よほどの事がない限りは、外注によるコストが発生しません。

それは一貫性のある内容を、限りなくコストを抑えて実現出来るということです。

今まではレコード会社や事務所が資金を投入して、各作業をそれぞれの専門の会社に発注してきましたが、アーティスト個人が制作と発信を行う昨今、個人による資産の効率的で高いコストパフォーマンスのある運用が必要となります。

メリット

1

メリット

2

メリット

3

Eat on_では個人で活動するアーティストや、高コスパを求めるアーティスト事務所のマネージメント担当の方々の力になります!ぜひ一度ご相談ください!